私が投資をはじめたきっかけ。1000万円貯められたのはただの偶然からでした。


皆さんの投資を始めたきっかけはなんですか?

私はまったく本を読まない人間だったのですが、10数年前、仕事で初めて新幹線で出張する際、「到着まで2時間もあるし、大人ぶって小説でも読むかあ」と、たまたま駅に平積みしてあった、米澤穂信さんの「インシテミル」を購入して読んだのがきっかけです。


インシテミルが面白くて、そのまま米沢さんの他の本をたくさん読み始めました。そのうち、過去に上司に勧められた有川浩さんの「図書館戦争」を読み始め、これまたはまり、今度は有川ひろさんの本も読むようになりました。

当時ミクシィで知り合った友達が有川さんのことを好きだったこともあり、お互いに感想を共有しながら楽しく読書していたのをよく覚えています。
そうやって読書のハードルがどんどん下がっていくと、今度は実用書にも手を出すようになりました。
私がよく読んだ本は、お金の本や時間の本、健康に関する本などです。

それが面白くて、手当たり次第に読んでいた時期もありました。たくさんの本を読んでいると、次第に共通して何度も出てくるようなことが出てきます。
「これ前の本でも出てきたなぁ。こっちの方にもまた同じことを書いてある。

そんなことが積み重なってくると、あーこれってほんとに大事なことなんだなぁと思ってきます。

そうやって厳選されたことの中には、早寝早起きをする、家族を大切にする、人には親切にする、株に長期投資する。歯を大切にする。

散歩をする。ものを減らす。謙虚になる。といったようなことがありました。

それで投資を始めました。
私はたくさんの本を読んで、少しずつ自分の自由になる時間や、お金を増やしつつ、知識を増やしたり、投資をしながら資産を増やしたりしてきました。

その結果が現在の10,000,000円になります。


なので、この10,000,000円は何も努力せず、宝くじで当たるようなものとは全く違い、自分が努力して手に入れたものであり、非常に価値のあるものだと考えています。

また、もしこのお金がなくなったとしても、今度はもっと早く10,000,000円を貯められる自信があります。

こういった自信が気持ちの余裕になって、もっと周りに親切にしたり、世の中の役に立つことに目を向けられるのかなと思っています。

なので、今お金がなくて困っていたり、自分には何もないと自信を持てない人は、まずは自分のことだけを考えて、将来に向けて少しずつ勉強していけばいいと思います。

私個人としては、読書で人生を助けられたと思っているので、何か相談されたときには、何でもいいから自分の読みたいものを見つけて、漫画でもいいと思っています。

読書をすることをお勧めしています。

また少額でいいので、投資をしてみるのも、合わせてお薦めしています。